「おー。」です。ハレの日、ケの日。今日の私が出会った人・モノ・コトバ。
by cafe_creme
        
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
機内にて
c0010586_15241282.jpg

昔から 帰りの飛行機の中では死んだように眠る人である。

今から18年前、20歳の時 アメリカ西海岸を「地球の歩き方」頼りに女3人で旅行した。
今思えばかなり危ない歩き方で 何も知らないからできたような旅行だった。
日々いろいろあったが無事に何とか旅行も終り
2人とサンフランシスコで別れて(私だけ抜けられない授業が確か・・あった)
国内線でLAまで戻り 一人マレーシア航空で帰りの飛行機に乗った。
隣の席は同い年ぐらいの女の子だった。
私と仲良くお話ししたいという雰囲気だったのだけれど 私は食事も摂らず
爆睡。日本に帰るという安心感が眠らせたもよう。
何時間かしたら どこかに着陸し目が覚めた。
「ホノルルに着いたよ」と隣の人が教えてくれた。

驚いた。ホノルル経由なんて その時まで知らんかった私。
HISさん 教えてくれなかったしなー。
こんな状態なので 旅行中の私達も推して知るべしか。。

ホノルルを出て また爆睡。

途中ふっと目が覚めて 真っ暗な窓の外を見たら
窓枠が額縁のようにぴったりはまる大きさの北斗七星を見た。
地上で見るより 一つ一つの星が大きくて
不思議な光景だった。

飛行機から夜空に揺らめくオーロラは何度も見たけれど
あれ以来 あんな北斗七星は見ていない。



東京から戻る機内でも 気をゆるすと寝てしまう。
夕方 小1時間も眠ってしまうと 身体がどよよーんとして
その後 使いものにならない。
何とか起きていないとと思い 最近は機内で編み物。
こないだ編んだのがこのコースター2枚。
カギ針を伊丹のセキュリティーのところで 持込大丈夫?とお兄さんに一応確認。
これは大丈夫ですよーとのことでした。
このぐらい小さい小物ならば編み物も肩が凝らず
時間つぶしにはぴったりであります。
[PR]
by cafe_creme | 2005-01-10 15:26 | 暮らし
<< 寝かせた唐揚げ マフラー2005 >>


:: お世話になっています
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧